【PC入力効率化】できるだけ楽に早く!

運営その他
スポンサーリンク

こんにちは、創です!

今日はパソコンの入力効率化ということについて書いていきます。

僕はタッチタイピングが比較的得意な方ですが、最近ではほぼ必要のない技術になってきたなと感じています。

今日お伝えすることは、知っている方からすると当たり前のことかもしれませんが、使いこなせるようになると劇的に入力が速くなります。

ショートカットについて

まずは基本中の基本、ショートカットです。

文章のコピー、カット、ペーストなどマウスを使って片手で行っていませんか?

キーボードだけでできるようになると両手を使って入力ができます。

またキーボード上にあるHomeボタン、End ボタン。
それぞれ文章の頭と末尾に飛びます。
これらも使いやすいので覚えておくといいと思います。

ショートカットキー一覧[完全版]- パソコン仕事が爆速になるWindows、Office、Googleのキー操作 286選
仕事でよく使う代表的なOS&アプリである、Windows 10、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Chrome、Gmail、Googleカレンダーのショートカットキーをまとめました。誰でも「押すだけ」でパソコンでの作業を時短できる、超シンプルなスキルを身につけましょう。

単語登録について

次にお伝えするのは単語登録です。

たとえば僕がメールを打つ際、最初の1文はいつもこんな感じです。

「お世話になっております、kajii創です。」

キーボードでまともに打つと変換も込みでだいたい5秒ぐらいなのですが、この定型文を短い言葉で変換できるようにしておくと0.2秒ぐらいで入力できるようになります。

上記文章だったら僕だったら「おせ」で変換しています。

他にも例えば住所。

僕はzで登録してあるのですが、まともにキーボードを打って入力するのがバカらしくなります。

電話番号はt、メールアドレスはmで登録してあります。

この技術はかなり応用が利くので、工夫次第でいくらでも入力が速くなります。

こちらの本が大変参考になります、興味のある方はぜひ読んでみてください!

音声入力について

最後に音声入力です。

実はこのブログも音声入力を使って書いています。

スマホとパソコンを連動してやるやり方が最もスマートだと思います。

パソコン版の Google ドキュメントは句読点や改行が音声だけでできないので…

Google音声入力の精度が半端じゃない(他の音声入力ソフトとの比較やおすすめのマイクも紹介)
音声入力の便利な使い方を探して辿り着いた、Googleドキュメントを使うGoogle音声入力。文字起こし(テープ起こし)・ブログの執筆など、効果的な使い方をすれば、非常に威力を発揮してくれます。Googleドキュメントはスマホ・パソコンどち

パソコンだけでやる場合も、安いヘッドセットマイクがあれば十分事足ります。

僕はこれで十分でした。

音声入力は変換精度がかなり高いですし、長文の入力が苦になりません。

 

というわけでいくつかパソコン入力効率化のテクニックを紹介しました。

ある程度自分で書類を作ったりする人はぜひ覚えておきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました