【稼ぐ】フリーランスで食べていきたいなら読んでほしい本7選

作る力と売る力
スポンサーリンク

こんにちは!創です。

「売る力」を鍛えるための第一弾として、本を読みましょう!

僕は読書が好きで、ビジネス本だけでも200冊以上読んできているのですが、そんな中でも特に文章が分かりやすく、非常に役に立つ本を7冊紹介します。

音楽のテクニックではなく、仕事やお金の本質に迫るものです。

これらの本を自分のコンセプトに応用できないか、と考えながら読んでみてください。

※本当にいい本であれば「所有して」「書き込みながら」何度も読み返すのをおすすめします。
電子書籍ではなく、ぜひ実際の本を購入してみてください。
また、迷っている暇があるなら買った方がよいと思っています。
イマイチならば売ればいいだけの話なので、まずは読んで価値を判断してみてください。

「絶対にゆるまないネジ」の話

タイトルからして強烈です。この人「絶対」と言い切ってます。
町工場から生まれたアイディアは、やがて新幹線やスカイツリー、海外の鉄道にまで採用されていきます。
価値のあるものをどうやって作り出し、世の中に広めていくか。
泥臭く感じる営業の話も満載で、本当に面白く読めます。

うさんくさいけど中身は本物

古い本です。僕が高校生のころ読んで、世の中にこんな面白い大人がいるんだ、と衝撃を受けた本です。
見栄を捨て、本質的なことを分かりやすい言葉で教えてくれます。
神田さんは他の本も全ておすすめですが、まずはここからどうぞ。

易しい言葉でズバズバと

人気ブロガーちきりんさんからは二冊をおすすめ。

まずはこちら「市場」についての概念がひっくり返る本。
内容が高度でとても僕にはうまくまとめられませんが、易しい言葉遣いでとても大切なことを教えてくれます。

続いてこちら「生産性」についての本。
「今日5時間かかってやったことを、次3時間でやるにはどうしたらいいのか?」
体を早く動かすのではなく、「とにかく頑張る」のでもなく、考え方そのものを変えましょう、というものです。
子供のころにこの考え方を知っていれば今持っているものがもっと変わったな…と悔やまれてなりません。笑

世界一のパフォーマーの裏側

超有名パフォーマー・エビケンさん。
America’s Got Talentで優勝した方として動画を見たことがある方も多いかと思います。
そんな世界レベルのパフォーマンスの裏側を大公開してくれています。
小柄な体だからこその戦い方、高いレベルのパフォーマンスをコンスタントに作る考え方が学べます。

すばらしくユニークです!

ワクワク系マーケティング?

「お客さんをワクワクさせ、その対価としておひねりをもらう」
こんなユニークな考え方をしているのが小阪裕司さんです。
ビジネス界のコンサルタントとして活動されていますが、これってエンタメそのものですよね。
「ニーズに応えるな」というドキッとする言葉も出てきます。面白いです。

差別化の最も簡単な方法

差別化について徹底的に書かれた本。
一般人が「百万人に一人」の特徴を持つためにはどうしたらいいのか?が丁寧に書かれています。
様々な分野を渡り歩いた清原さんだからこそ書ける、各分野の行動のコツも必見。

まとめ

買うかどうか考えず、まず買って読んでください。笑

たくさん読んできましたが本当にいいものしか紹介しません。
また、本への投資効果は大です。
全部で2万円かからず人生変わります。

以上、「フリーランスで食べていきたいなら読んでほしい本7選」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました